お知らせ

子ども家庭応援(おせっかい)ワーカー養成講座2018

子ども家庭応援(おせっかい)ワーカー養成講座2018
~みんながいけるインクルーシブな居場所・地域の里(さと)をつくろう~

【講座日程】
第 1回 4.28(土) 映画『みんなの学校』インクルーシブ教育の挑戦 学校が変われば、地域が、社会が変わっていく!
第 2回 5.11(金) 大原 三枝(福岡市西区子育て支援課) 福岡市子育て世代包括支援センターの取り組み
第 3回 5.25(金) 山下 英三郎(日本スクールソーシャルワーク協会) スクールソーシャルワークとは何か
第 4回 6.02(土) 映画『夜間もやってる保育園』 子どもたちの幸せを考え続けてつくられた場所
第 5回 6.15(金) 木村 康三(ファミリーホームたんぽぽ) 里山のファミリーホーム(里親)で育つ子どもたち
第 6回 6.22(金) 富山 和子(八女市母子生活支援施設ひまわり園) どんな親子も地域で受けとめる
第 7回 6.29(金) 齊藤 陽子(福岡大学精神科) トラウマケアとメンタルヘルス
第 8回 7.13(金) 五十嵐 ゆり(Rainbow Soup)LGBTを学んでインクルージョン視点を身につけよう
第 9回 7.27(金) 坂崎 隆一(古賀東中学校PTCA) 地域で支える“朝勉&朝弁”
第10回 8.10(金) 宮本 なつき(女性エンパワーメントセンター福岡) 女性支援の最前線:フェミニズムってかっこいい
第11回 8.24(金) 山口 祐二(ワーカーズコープ九州沖縄事業本部) 子どもと家庭の応援する地域づくりに何が必要か
第12回 9.07(金) 岡元 ルミ子(霧島市国分地域福祉事業所ほのぼの) おいしく、たのしく、たくましく
第13回 9.14(金) 才藤 千津子(西南学院大学神学部) 悲しみや苦しみを通して「生きる意味」を考える
(注) 講座の日時・講師・会場は、都合により変更になる場合があります 単発の聴講希望の方は申し込みの連絡をお願いします

募集  定員40名 18歳以上で、子ども家庭応援(おせっかい)ワーカーとなるための以下の要件を満たす方を優先します
① 看護師、保育士、教師、社会福祉士、精神保健福祉士、臨床心理士等の医療、福祉、教育の資格がある方もしくは取得中の学生、あるいは市民活動、ボランティア活動、地域活動を通して子どもや家庭支援に携わっている方
② 地域で子どもと家庭を応援する活動ができる ③ 10回以上講座の参加  ④ Eメールで連絡可能
活動  公民館や集会所等を活用して、子どもや親の居場所となる子ども食堂やカフェから地域の里(さと)づくりをしたり、日常的な相談から、行政や様々な機関とネットワークになって、必要な情報の提供、リファー、訪問、つきそい、アドボケイト、校区里親等に取り組んで、福岡がどこよりも子育てしやすい素敵な街になることをめざします
会場  福岡市NPOボランティア交流センターあすみんセミナールーム(福岡市中央区今泉1-19-22 天神クラス4F)
       ※ 4月28日(土) 6月2日(土)は、ふくふくプラザ視聴覚室(①13:30 ②16:00 ③18:30)
日程  18:30~21:00 (講座によって異なりますが、目安として講義60~90分 グループ討議30分 質疑応答30分) 
会費  10,000円(学生5,000円 全13講座分) 初回講座の時に徴収します
応募  申込書に必要事項(写真)をご記入の上、下記に送付あるいは添付メールでお送りください。結果をメールで連絡しますE-mail:hig@ae.wakwak.com
〒811-1362 福岡市南区長住3-2-6福岡市子ども家庭支援センターはぐはぐ
締切  4月21日(土) 定員に満たない時は締め切り後も受けつけます
聴講  各講座は、1回毎の聴講が可能です(会費 1講座1000円、学生500円 要申し込み)
お問い合わせ 担当 山口  Tel: 090-1199-8792 Fax:: 092-561-8895 E-mail:hig@ae.wakwak.com

主催  ワーカーズコープ九州沖縄事業本部
助成  社団法人 日本社会連帯機構
後援  福岡市(申請中)