お知らせ

当サイトのブレーントラスト顧問の目崎雅昭氏のインタビュー記事の紹介

スティーブ・モリヤマのクリエイティブサロン
「幸福途上国」で怒りを昇華させた勝負師
目崎 雅昭(日本メガソーラー整備事業 代表取締役社長)

目崎雅昭氏 (日本メガソーラー整備事業/於代表取締役社長)/於・オ・デリス・ド・ドディーヌ text by Steve Moriyama
左)筆者、右)日本メガソーラー整備事業・代表取締役社長・目崎雅昭氏
――米系投資銀行のデリバティブ・トレーダーとして輝かしいキャリアをスタートし、ロンドン駐在もこなしながら、我欲の世界に嫌気がさし、1998年から旅人となったマサ目崎(目崎雅昭)さん。1年の予定が、約10年間、世界100か国以上にもおよぶ長い放浪の旅となりました。道中、ロンドン大学で社会人類学の修士もとり、2008年に日本に戻ってからは幸福伝道師的な活動をされ『幸福途上国ニッポン』という本を上梓しました。2012年秋には太陽光発電のベンチャー企業を設立し、今や業界で圧倒的な存在感をもつ会社に育てましたが、僕の中でのマサは、起業家以前に思想家なんです。しかも単なる思想家ではなく、たぶん事業を通して、マサの思想、つまり“社会個人主義”の具現化を試みているのではないかと感じています。
目崎氏: スティーブ、ありがとう。そう言ってもらえると嬉しいです(笑)。
――思想の話から入ってしまうと難しくなってしまうので、まずは起業に至った背景から伺いたいとおもいます。マサを理解するキーワードの一つに「女系家族」という言葉が挙げられます。男三人兄弟のなかで育った僕には、それが重要な意味をもつのではないかという気がしています。
目崎氏: そうそう。女性には何の幻想も抱いておりません(笑)。
――マサの軌跡を正しく理解するには、“男らしさ”とか“男のロマン”という言葉を解釈していく必要がありそうです。もっとも、“らしさ”というのはあまり当てにならない概念ですが。
目崎氏: 姉と妹に挟まれた男の子として育ち、親戚も女の子ばかりという環境でした。そのせいか、たしかに常に「男とは何か?」という疑問を抱えて育ったといえるでしょう。
――幼少期から、そうやって「自分とは何か?」と“哲学”してきたのは素晴らしいことです。
目崎氏: どういう巡り合わせなのか、地元の小学校が軍隊のような学校で、体罰当たり前、しかも自分は鼻っ柱も強かったので、教師たちの目の敵にされて、いつも殴られていました。
――確かにかつての日本の学校にはサディスティックな人が多かったですからね。僕もよく殴られましたよ(笑)。
目崎氏: そうでしたか。地元の中学は不良の巣窟で有名だったので、何とか地元を離れようと、私立の男子校にいったのですが、蓋を開けてみると、とんでもなく軍隊チックな学校で、とにかく「男子たるものかくあるべし」みたいな教師ばかりで、竹刀で叩かれ、ビンタを受ける毎日でした。特に鬼軍曹みたいな教師が自分を目の敵にしていて、不愉快な中学校生活をおくっていました。それで、慶応高校(通称“塾高”)にいったのです。
――なるほど、それでようやく安心できたのですね。
目崎氏: たしかに塾高は、それまでの環境とはまったく違い、リベラルで素晴らしい学校でした。生徒もいい人ばかりでしたが、もの足りなさを感じたのでしょうか、あるいは血なんでしょうか、とにかく体育会空手部を選んでしまったのです(笑)。
――“男らしさ”の呪縛から自らを解き放つことができなかったということでしょうか。
目崎氏: 女系家族で育った者の宿命かもしれません。お察しのとおり、空手部は、慶応の中でも異次元空間で、古めかしい封建社会を見事に再現していました。“愛のムチ”という美名のもと、下級生は毎日しごかれていました。今でも思い出すと怒りがこみ上げてきますが、ある時、先輩から練習中に顔を蹴られたことがあります。スティーブは「タメ語でいい」と言ってくれるので普通に話せますが、当時、先輩は絶対で、彼らに普通に話しかけるなど、ありえないことでした(注:本稿では「ですます」調に統一)。
――僕は空手部でもないし、中年になってまで先輩風吹かせる人なんて野暮じゃないですか。リスペクトできる相手なら、堅苦しさは邪魔になるだけですから。
目崎氏: ありがとう、同感です。とにかく、その先輩はリスペクトどころか軽蔑の対象でしたから、怒りにうち震えながらも、絶対服従を装い、リベンジの機会をうかがってました。毎日、人の倍、筋トレに励み、プロテインを飲み続けました。しばらくすると、運よく、その人と昇段審査で組むことになったのです。自分は勝ちました。
――フル・コンタクトじゃないですよね。
目崎氏: 寸止めが基本ですが、“勢いで当たってしまう”のはありなんです(笑)。不思議なことに、それをその時、何度もやっちゃいましてね(笑)。そうこうしているうちに、高校三年生になり、主将になったわけです。
――ついに、食物連鎖の一番上に来たわけですね。もちろん、そこでマサが人と同じことをやるとは思えないので、体育会につきものの“伝統”という名の負の連鎖を断ち切ったわけですね。
目崎氏: えーと…それが若気の至りで、結局、“伝統”を踏襲してしまいました(笑)。
――あらら、それじゃダメダメじゃない(笑)。
目崎氏: いまだに、下級生には恨まれているでしょうね。彼らの怨念なのかもしれませんが、結局、当時の塾高生の間では最も人気のない学部に推薦が決まり、英語もほとんどできない状態でした。空手とバンドとバイト(家庭教師)に明け暮れてましたから、当然の結果なんですが、ショックでした。そんななか、卒業前にハチ公前で馬鹿騒ぎしていたところ、カタルーニャ人がいたので、思いきって声をかけてみたんです。「俺たち馬鹿やってんでしょ?」と聞いてみたら、真面目な顔で「いや、きっとストレスが溜まっているんだろう」って言われて、脳天を撃ち抜かれたような衝撃を受けたんです。
――予定調和的な答えじゃなかったから?
目崎氏: そもそもカタルーニャなんて知りませんでしたし、未知との遭遇に興奮してたのかもしれませんが、適当にその場に合わせるのではなく「自分の意見をもつ」ことの大切さに気づいたんです。それで彼にお願いして、フランス語を教えてもらいながら、彼の目からみた日本の教育システムの問題などを聞いているうちに、日本社会の権威主義的な側面の弊害に気づきました。お陰様で、大学では勉学に目覚め、文学や哲学あるいは物理学などの本を読み漁り、いろいろな角度から日本社会を見つめ直すことができたんです。そして、外資系投資銀行に就職し、デリバティブという実態のないものに理論的な価格をつける仕事をしながら、欲望の世界を間近で観察し、さらに長旅を通して「幸福とは何か」を考え続けた結果、「個人がやりたいことの追求」と「社会全体の利益」、この二つは同時に達成可能であることに気づいたのです。
――それがマサのいう「社会個人主義」のことですね。
目崎氏: ええ、社会個人主義とは、個人が自己の潜在能力を最大限に発揮しながら、最大限に社会貢献をすることで、結果として個人の総体である社会全体の幸福度が最大化することを目標にすることです。個人の幸福度を高めることが目標であるため、全体の効率のために個人の自由が犠牲になってはいけません。
――個人の自由と権利を追求しすぎると、人間のエゴとエゴが衝突し、調和が乱れる局面が生じますよね。それを防ぐため、日本人は学校や会社で過度といってもいいほど「協調性」を強調してきました。一方で、社会や組織の集団的効率性ばかりを追求すると、個人の選択する自由が大きく制限され、個性は没してしまいます。
目崎氏:  まさに相反するその二つをうまく融合することはできないだろうか、とずっと考えてきました。そして、それを可能にするのが社会個人主義なのです。自分は、メガソーラービジネスを通してそれを具現化していきたいのです。
――なるほど。それでは先ず、貴社の社是であるGPSS (Grid Parity for Sustainable Society)について教えていただけますか。
目崎氏: 化石燃料は枯渇していく以上、持続可能な社会を維持するためには、化石燃料よりも低コストの代替エネルギーが不可欠です。“グリッド・パリティ”とは、化石燃料と比較して、再生可能エネルギーによる発電コストが同じ、もしくは安くなることを意味します。私どもは、固定価格買取制度(FIT:フィード・イン・タリフ)の恵まれたビジネス環境を生かし、20年間の安定した収益をもとに確実に利益を計上しながら、発電量の向上と低コスト化を研究開発しグリッド・パリティを目指しております。
――いくらぐらいで“グリッド・パリティー”は達成できるのでしょうか。
目崎氏: 家庭の場合は24円/kwhぐらい、工場でしたら12-13円/kwh程度でしょう。弊社の数値目標としては、太陽光発電で10円/kwh以下を目指します。そのために、太陽光発電所に関して次の4つを常に意識しています。
1. 1)建設費用の最小化
2. 2)保守管理費用の最小化
3. 3)総発電量を増やす方法の模索
4. 4)総発電量の減少要因の特定と最小化です。

――徹底的にムダを取り除いていくのですね。建設工事も自前でやってしまうのですか。
目崎氏: ええ、だから弊社には土木や電気の資格をもった人間もいます。私どもは、発電事業者でありながら、EPC、施工会社、そして研究機関でもあります。そうやって、設計、施工、管理、研究まで、太陽光発電所の業務全般に深いレベルで関わっていくことで、知見が蓄積され、各専門分野における部分最適の枠を超え、真の全体最適が可能となります。そして、それがグリッド・パリティー達成への近道だと考えています。
――部分最適の例を挙げていただけますか。
目崎氏: はい、例えばプロジェクトを統括するEPC事業者は、なるべく部材の調達コストを安く抑えようとします。一方、工事業者は、より施工性の高い部材を使うことで、建設コストを抑えようとします。しかし施工性の高い部材は安くはありません。だからこそ、全体を俯瞰し、コスト面での最適化を模索するアプローチが必要となってくるわけです。
――なるほど。ただ、実際の太陽光発電所建設では、部分最適に陥っていることが多いと聞いていますが。
目崎氏: おっしゃるとおりです。だからこそ、「太陽光発電所の建設における全体最適とは何か」を常日ごろから考えている者が勝つのです。弊社では、全てを一貫して行うことで、最適解を見出せる存在であり続けたいと思っています。
――素晴らしいですね。ところで、市場参入当時、業者のコスト意識の低さに呆れ返ってしまったと聞いていますが。
目崎氏: 固定価格買取制度開始時は、太陽光電気1キロワット当たり42円で20年間にわたって電力会社が買い取ってくれたのですが、買取価格は、毎年引き下げの方向での見直しが決まっており、2013年度に36円/kwh、2014年度には32円/kwhに下がっています。買取価格は設備認定を受けた年度のものが、実際に発電を開始してから20年間も保証されるため、高いうちに設備認定を受けておこうと、実に様々な業者が市場参入してきたのです。その結果、いわば無法状態に陥りました。業界にはムダが多く、いい加減な業者も多々いましたが、最初から業界の在り方に疑問をもっていましたから、何事もそのまま受け入れることはありませんでした。一つ一つ何が最適かを考えていったので、結果的に初期投資を抑えて事業を開始することができたのです。
――何事も鵜呑みにせず、健全なる猜疑心をもって取り組まれていったからこそ、幸先の良いスタートをきれたのですね。素晴らしい。原価低減努力を断続的に続けていかれるとのことですが、具体的にはどうやって品質を維持しながらコスト削減していくのでしょうか。
目崎氏: 太陽光発電所の建設には、次の5つ視点が大切です。
1. 1)太陽光パネルの選定
2. 2)インバーター(電力変換装置、別称パワコン)の選定
3. 3)架台の選定
4. 4)工事会社の選定
5. 5)メンテナンスの選定です。

問題は、“神話”が存在するために、それがコスト高の要因であるばかりか、発電量最大化の障害にもなっていることです。
――いうまでもなく、神話は真実ではありませんよね。どんな神話があるのでしょうか。
目崎氏: 現時点で、建設コストに占める割合が一番大きい太陽光パネルを例にとって説明しましょう。”現時点で”といったのは、コモディティー化の影響で、毎年価格が下がっているからです。実際、ドイツの太陽光パネルメーカーのQセルズは、コモディティー化の荒波のなかで破綻し、後に韓国企業に買収されました。これは日本でも大きなニュースになり、一部の金融機関では融資条件の一つに「国産パネルの使用」を入れている場合もあるくらいです。スティーブのクーリエ・ジャポンの連載コラムのように、まさに“ニッポン神話”が存在し、それがコスト高につながっている側面は否めません。
――太陽光エネルギーを電気に変換する効率性というのは、国内外を問わず、メーカー毎で大きな違いがあるのでしょうか。
目崎氏: 本当のところ、どこのメーカーの製品も変換効率にはほとんど差はありません。なのに国産メーカーにこだわる人が多い。価格が安ければいいのですが、国産パネルは同じ性能でも5割も高かったりします。しかも、“日本製”とあっても、中国等のメーカーからOEM供給を受けているケースも少なくありません。こういった理由もあって、うちでは、中国メーカーのパネルを使っています。
――やはりどの部品も中国製が強いのでしょうか。
目崎氏: コモディティー化の波を受けにくい分野、つまり設計工事、架台、インバーターなどの分野ではドイツが強いです。汎用化されにくい分野で、差別化戦略をとって、世界市場でプレゼンスを示しています。
――そういった分野では、人件費の圧縮が重要ですよね。
目崎氏: ええ、施工コストの大半は人件費ですので、工期の短縮がコスト削減に直接つながっていきます。1メガワットのメガソーラー発電所を作るには4000枚のパネルが必要ですが、それを載せる架台の設置には地盤の事前調査からはじまり、諸々の工事が必要になります。日本の場合、施工に平均3、4か月かかるのですが、うちでは1か月でできます。ちなみに、ドイツでは1週間でやってしまいます。
――ドイツは再生エネルギー先進国ですよね。ドイツでは、電力需要の23%程度を、水力を含む再生可能エネルギーで賄っており、その比率を2020年に35%、2050年に80%にする目的を掲げています。日本は、現在、総発電量に占める再生可能エネルギーの割合はどのくらいなのでしょうか。
目崎氏: 8.5%ほどある水力を除くと、2%ちょっとです。両方あわせて10%ちょっとの比率を2030年までに25%-35%にするという目標を政府は立てています。現時点では、再生可能エネルギー発電の約9割を太陽光発電が占めますが、将来的には、地熱や風力等も増えてくるかもしれません。ただ、風力を例にとると、発電所稼動までに環境アセスメント等、煩雑な手続きに3年以上かかるのと、買取価格が安い点もネックになっています。
――太陽光以外の再生可能エネルギーには、まだまだ様々な障害があるのですね。ただ、太陽光発電だけでもまだ伸びしろがありそうです。先ほどおっしゃっていたグリッド・パリティーは、再生エネルギー先進国のドイツではすでに成立しているそうですが。
目崎氏: そう言っていいでしょう。ドイツではすでに固定価格買取制度が事実上終了しており、売電メリットは消失しています。おそらく10年以内に日本もそういう状況になるでしょう。我々は、ドイツのような状況になっても、利益を出し続け、より安価な電力を提供したいのです。ゼロサム・ゲームの金融と違って、後ろめたさみたいなものがこの事業にはありません。利益を出すことと社会貢献が同時にできて、そこに矛盾が生じません。競争よりも共創。つまり、先ほど触れた「社会個人主義」が実現できるのです。
――今日はお忙しいなか、ありがとうございました。欧州勤務経験がそろそろ四半世紀になるのですが、欧州で働いていて一番面白いことは、今起きていることが日本で近未来に起きるだろうという、確信に近い予感を感じられる局面が多々あることです。例えば、EU平均で20%前後の消費税率もそうですが、FIT制度の破綻も最初から見えているわけですから、それに備えてどういう打ち手を取るかが、この業界の経営者には不可欠な視点といえるでしょう。目崎社長は最初から先読みして、競合のはるか先を走っています。これからますますやりがいがでてくると思いますが、最後に今後の展望をお聞かせください。
目崎氏: 20年間の固定価格買取制度というのは聞こえは良いのですが、実際には、その費用は電気料金に上乗せされ、一般家庭を含めた電力使用者が負担しなければなりません。ドイツでは結局、消費者が負担額に耐え切れなくなり、太陽光バブルは終焉を迎え、次のステージに入っています。しかし、原発依存比率は下がり続けており、結果的に再生エネルギーを社会に根付かせることに成功しています。日本でも福島の事故以来、再生可能エネルギー戦略がとられてきましたが、決して一時的なブームに終わらせてはなりません。我々は、買取価格がいくらになっても、工法や設備の部分最適と全体最適のバランスに磨きをかけながら、自分たちの目指すGPSSを実現していきたいと思っております。
スティーブ・モリヤマ
ベルギー王国ブリュッセル在住。好きなものは、海、酒、人間、犬、歌、旅、花、活字、名言。欧州で長年働きながら「21世紀の日本人像」を思索中。英国勅許会計士。ベルギー税理士。ケンブリッジ大学修士。著書は14冊。
ツイッター: stevebrussels
URL: www.geocities.jp/stevemoriyama/
www.facebook.com/meigen777